TOKAIHIT Co., Ltd.

〒418-0074 

306-1 Gendoji-cho Fujinomiya City Shizuoka Prf. JAPAN

TEL:+81-544-24-6699

FAX:+81-544-24-6641

Copyright (c) TOKAI HIT Co., Ltd. All rights reserved

臓器研究を、あなたへ
 

臓器培養システムは、研究者に生体外臓器灌流を新しい研究ツールとして提供します。

 

・新しいテーマとして組織・臓器構築へ手を伸ばしたい
Ex-vivoで臓器を生かした状態で解析したい
・自作の灌流装置を増やしたい

 

そんな情熱を持った研究者に向けて臓器培養システムを開発しました。

適用臓器の実績などの情報がダウンロードいただけます

All In One

灌流培養のセッティングはお任せください。
用意するのは、臓器と培養液のみ。
行う作業は、プライミング、血管接合、流量と温度の設定のみ。

臓器培養システムの構成

バイオリアクター ユニット

送液ポンプ、温度制御を行うユニット。コンパクトなスペースで高精度な温度制御が可能。ポンプ部分はプライミング~微流速まで対応。

培養チャンバー

実際に臓器を接続するユニット。送液チューブから1㎜単位の血管へ接続を可能とする独自構造を採用。培養する臓器ごとにカスタマイズも可能です。

チューブSet

使用するチューブをセット化。送液ポンプのポンプヘッドも付属し、丸ごとオートクレーブ滅菌に対応。

臓器培養システム実験フロー例

1.臓器を用意

2.培養チャンバーへ接続

3.バイオリアクターユニット

へセット

臓器の接続が不安ですか?
​トライアル実験にてサポートします。こちらからお申込みください。
 

特 徴

生体内の臓器と同じ方法で灌流。
ポンプは、血管内への直接灌流で想定される流速に対応。

東海ヒットThermoPlate®StageTop®Incubatorの温度制御ノウハウを流用。
生体内温度の模倣をコンパクトな装置で高精度に可能。

 

培養チャンバーは対象臓器の保持、血管の接続が可能。
専門的な技術は最小限に、灌流チューブから、1ミリ単位の血管へのストレスない接続が可能。

バイオリアクターユニット

トップヒーター、ボトムヒーターの2ヒータ―採用により、高精度な温度制御と内部の視野を確保。大型のインキュベーターを使用せずに、灌流培養中の臓器や組織を確認しながら実験ができます。

設置はテーブル上へ置くだけ。
室温環境下での灌流培養を実現。
コンパクト設計により、小型クリーンベンチ内への設置も可能です。

チューブセット

これまで選定が煩雑だった灌流用チューブをセット化。
培養液リザーバーから血管までシームレスに接続ができます。
チューブ類はオートクレーブ滅菌に対応しています。

培養チャンバー

培養チャンバー部は、灌流する臓器や実験ごとに個別で対応します。
将来的には、培養チャンバー部のディスポーザブル化も可能です。
(写真は開発例)

適用臓器の実績などの情報がダウンロードいただけます

臓器培養システムの構成

ポンプ流量

50~1000 μL/min.
8000 μL/min. (プライミング用)

培養チャンバー

臓器保持、血管接続、観察が可能
(オートクレーブ ・EOGガス滅菌・ガンマ線滅菌対応)
※臓器・研究ごとのオーダーメイドが可能です

チューブセット

送液チューブ、ポンプヘッド付属
(オートクレーブ対応)

温度精度

±1℃(実績値)

温度制御

ステージヒーター、トップヒーターによる2ヒーター方式、冷却対応も可能

100V-240V±10% 50Hz/60Hz

電源入力電圧

W 410 x D 260 x H 230 mm 
(バイオリアクターユニット設置時)

サイズ

バイオリアクター

ユニット

構成

チューブポンプ、温度制御装置

適用臓器の実績などの情報がダウンロードいただけます