​製品情報

特 徴

生体内の臓器と同じ方法で灌流。
ポンプは、血管内への直接灌流で想定される流速に対応。

東海ヒットThermoPlate®StageTop®Incubatorの温度制御ノウハウを流用。
生体内温度の模倣をコンパクトな装置で高精度に可能。

 

培養チャンバーは対象臓器の保持、血管の接続が可能。
専門的な技術は最小限に、灌流チューブから、1ミリ単位の血管へのストレスない接続が可能。

適用臓器の実績などの情報、アプリケーションノートを
ダウンロードいただけます
 

All In One

灌流培養のセッティングはお任せください。
用意するのは、臓器と培養液のみ。
行う作業は、プライミング、血管接合、流量と温度の設定のみ。

臓器培養システムの構成

バイオリアクター ユニット

送液ポンプ、温度制御を行うユニット。コンパクトなスペースで高精度な温度制御が可能。ポンプ部分はプライミング~微流速まで対応。

臓器チャンバー

実際に臓器を接続するユニット。送液チューブから1㎜単位の血管へ接続を可能とする独自構造を採用。培養する臓器ごとにカスタマイズも可能です。

チューブSet

使用するチューブをセット化。送液ポンプのポンプヘッドも付属し、丸ごとオートクレーブ滅菌に対応。

臓器培養システム実験フロー例

1.臓器を用意

2.臓器チャンバーへ接続

3.バイオリアクターユニット

へセット

​ラット小腸、ラット骨格筋の灌流培養のアプリケーションノートを
ダウンロードいただけます。
 
 

バイオリアクターユニット

トップヒーター、ボトムヒーターの2ヒータ―採用により、高精度な温度制御と内部の視野を確保。大型のインキュベーターを使用せずに、灌流培養中の臓器や組織を確認しながら実験ができます。

設置はテーブル上へ置くだけ。
室温環境下での灌流培養を実現。
コンパクト設計により、小型クリーンベンチ内への設置も可能です。

チューブセット

これまで選定が煩雑だった灌流用チューブをセット化。
培養液リザーバーから血管までシームレスに接続ができます。
チューブ類はオートクレーブ滅菌に対応しています。

​血管接続チューブ

血管にカニュレーションするチューブをラインナップ。

ラット小腸用、ラット骨格筋用のほかに、

太さ、硬さが異なるチューブをラインナップしました。

臓器チャンバー

臓器チャンバー部は、灌流する臓器や実験ごとに個別で対応します。将来的には、培養チャンバー部のディスポーザブル化も可能です。(写真は開発例)

小腸用、骨格筋用

カスタムメイド

​カスタムメイドにて臓器チャンバーを制作します。​

ラット小腸用、ラット骨格筋用のチャンバーを

ラインナップに加えました。

臓器培養システムの仕様

ポンプ流量

50~1000 μL/min.
8000 μL/min. (プライミング用)

臓器チャンバー

臓器保持、血管接続、観察が可能
(オートクレーブ ・EOGガス滅菌・ガンマ線滅菌対応)
※臓器・研究ごとのオーダーメイドが可能です

チューブセット

送液チューブ、ポンプヘッド付属
(オートクレーブ対応)

温度精度

±1℃(実績値)

温度制御

ステージヒーター、トップヒーターによる2ヒーター方式、冷却対応も可能

100V-240V±10% 50Hz/60Hz

電源入力電圧

W 410 x D 260 x H 230 mm 
(バイオリアクターユニット設置時)

サイズ

バイオリアクター

ユニット

構成

チューブポンプ、温度制御装置

適用臓器の実績などの情報、アプリケーションノートを
ダウンロードいただけます