​加圧ユニット

特 徴

流中の臓器や組織をガスで加圧

​密閉チャンバーとの組合せにより、臓器・組織全体を加圧することができます。これにより灌流状態の改善が期待できます*。

 

間欠加圧・定常加圧の2パターンに対応

スイッチ一つで間欠加圧モード・定常加圧モードの切り替えができます。加圧状態の時間と大気開放の時間を1s~99m99sの間で任意に設定可能。

 

圧力フィードバックタイプは、正確な加圧が可能

​圧力計の値をフィードバックし、リアルタイムな圧制御で正確な加圧を実現します。

 
 

使用例

学術論文

Intermittent application of external positive pressure helps to preserve organ viability during ex vivo perfusion and culture

07 November 2019

Sano, K., Homma, J., Sekine, H. et al.

 J Artif Organs (2019)

使用機器:

EBR-OCS(base system), OCS-PULSE

 
 

間欠加圧

加圧⇔非加圧(大気開放)を繰り返します。

​それぞれの時間を 1 s ~ 99 m 99 s の間で任意に設定できます。

一定の圧力で加圧し続けます。

定常加圧

密閉チャンバー

加圧用の容器には、高気密性が求められます。標準の臓器チャンバーの構造に加えて、密閉構造を追加したチャンバーを使用します。

※別売り

基本仕様

設定可能圧力

​0 ~ 50 mmHg

対応加圧用ガス

Room air      (コントローラーに内蔵)

​CO2 O2 (弊社ガス混合装置GMシリーズとの併用)

設定可能インターバル

1 s ~ 99 m 99 s

W 120 x D 250 x H 156 mm

サイズ

構成

コントローラー

 

製品情報

資料

イベント

TOKAIHIT Co., Ltd.

〒418-0074 

306-1 Gendoji-cho Fujinomiya City Shizuoka Prf. JAPAN

TEL:+81-544-24-6699

FAX:+81-544-24-6641

  • square-default
  • LinkedInの社会のアイコン
  • Facebook
  • Twitter

Copyright (c) TOKAI HIT Co., Ltd. All rights reserved