image14.jpeg

細胞用灌流システム

image14.jpeg

灌流・培地交換・薬液投与・混合をプログラム可能。

コントローラーからの操作ですべてを一元管理できます。

流体制御によるサンプルの温度変化を最小化。

チューブヒーターの採用で、培地交換や灌流時のサンプルの温度変化を最小限にします。

サンプルに手を触れずに操作。

サンプルに一切触れずに、操作が可能なため安定的な観察環境を実現します。

外部機器との連携。

TTL信号を介して顕微鏡などの外部機器と連携ができます。

特  徴

システム構成

image14.jpeg
image22.jpeg
image24.png

コントローラー

持続灌流・培地交換・薬液投与・混合の操作は、コントローラーから行えます。プログラムを設定することで、実験の再現性を得ることができます。

タッチパネル操作によりプログラム作成をより直感的に行えます。

image26.jpeg

チューブヒーター

液体がサンプルに到達する際に生じる温度変化を最小限に抑えます。

image15.jpeg

専用蓋

持続灌流・培地交換・薬液投与・混合を実現するディッシュ蓋です。灌流中のオーバーフローを防止する機構、気泡除去機構、

効率的な混合ができる構造となっています。

基本仕様

使用例

image15.jpeg

製品使用例を見る

暗室での培地交換等、製品の使用例についてはこちらよりご覧ください。

研究員

CONTACT

細胞用灌流システムをベースにご希望の灌流システムを提案します。

若い科学者