• Kazunori Sano

【Ex-vivo臓器灌流】消化管研究への応用例(ラット小腸灌流実例)

最終更新: 6月15日

#臓器灌流 #ラット #小腸 #栄養吸収モデル #exvivo #製品使用例



小腸分野を研究していて、


・細胞で結果が出たのだけれど、動物実験では異なった

・吸収モデル実験を小腸単体で行いたい

・小腸への薬物Doseコントロールを直接行いたい

・上腸間膜静脈から直接サンプリングしたい


といったことはありませんか?




臓器培養システムの小腸用臓器チャンバーなら、ラット小腸灌流実験は意外にも簡単にはじめることができます。



今回はその実験例を紹介します。



グラフや組織切片図入りのPDFはこちらからダウンロードできます。



概要

ラットから小腸を摘出し、臓器培養システムにて20時間の灌流培養後も、蠕動運動を認め、灌流率を維持した。




背景と目的

動物個体では解析することのできない、小腸単体での解析を可能にするため、活性を保ち、解析可能な状態での灌流培養を目指した。


灌流率は、下の式で定義した。


灌流率=静脈からの戻り量(g)/送液量(g)



結果

20時間の灌流培養し、蠕動運動を認め、40%前後の灌流率を維持しながら灌流することができた(Fig.1)。


灌流後の組織切片では、平滑筋、粘膜様組織を維持していたことが示唆された(Fig.2)。

 これにより、活性を保ち、且つ静脈からの戻り液を解析可能な状態での灌流培養を実現した。


Figはダウンロード資料より確認できます。



参考文献

Sano, K. et al. J Artif Organs (2019)



登場した製品



臓器培養システム

Ex-vivo灌流が実現できます。

ラット小腸、ラット骨格筋で実績があります。

そのほかの動物種、臓器もカスタムメイドにて可能な限り対応します。

お問い合わせください。


概算価格はこちら



#臓器灌流 #ラット #小腸 #栄養吸収モデル #exvivo #製品使用例

製品情報

資料

イベント

  • square-default
  • LinkedInの社会のアイコン
  • Facebook
  • Twitter

TOKAIHIT Co., Ltd.

〒418-0074 

306-1 Gendoji-cho Fujinomiya City Shizuoka Prf. JAPAN

TEL:+81-544-24-6699

FAX:+81-544-24-6641

Copyright (c) TOKAI HIT Co., Ltd. All rights reserved